購入前、物件の周辺環境の確認。聞き込みって、どうするの。

物件の周辺環境といえば。
近所にどんな人が住んでいるのか?トラブルはないか?気になりますよね。

売主が元々住んでいる場合は、売主に聞く

もろみ
どんなご近所さんがお住まいですか?

私も聞いてみたことがありますが…正直、「あそこの●●さんはちょっと…」なんて、正直に教えてくれる可能性はすごく低いと思います。

だって「売っている立場」ですから。

当たり障りなく「良い方ばっかりですよ~」なんてね。言ったりね。仕方ないよね。

なんかさー、よく言われるじゃないですか。「購入前にご近所さんの聞き込み」って。
容易く言ってくれますがハードルめっちゃ高くないですか??

できます??

何十年と住むところですから、できるだけ住民トラブルを避けて住みたいですよね。

コミュ障が教える、物件購入前の周辺環境確認方法!

1.町内会、ごみステーションをチェックすべし

いわゆる町内会のゴミ置き場です。
もし自宅の壁沿いだったら夏場の掃除の可能性の視野に入れてください。

・順番に掃除が必要なのかどうか
・ゴミ置き場は荒れていないか
=マナーの悪い家がいる可能性

町内会費と、当番、町内会行事も確認しましょう。

「町内会?入らない!」と言う方も増えているそうですが、
子供がいたら子供会などもありますし、私は入っていた方が無難だと考えています。
私は小心者で、どうも揉めるのが苦手です…( ;∀;)

引っ越した後に「聞いてなかったよ!」とならないように、事前に納得したて購入したいものです

これは売主さんに聞いても差し支えない内容ですよね。

2.周囲のご家庭の庭先をチェック

子供用の自転車一つで「あ、小学生なのかな。三輪車だから未就園児かな」と想像できますよね。
劣化している三輪車だったら、「もう使ってないのかな」とか(笑)

明らかに不用品のゴミが堂々と長年放置されているようだったら、一旦停止です。
ゴミに水が溜まって夏にボウフラがわく可能性、
問題ありのおうちの可能性、があります。

こうなってきたら勇気をもってお隣などに話を聞きに行きましょう。
仲介業者さんと一緒に行くと心強いです!

3.街灯はどこにあるか、明るいか!

物件内覧の場合は日中が殆ど。夜も一度行ってみましょう。

昔は門灯をつけていたものですが、近年は常時ついてないご家庭も増えています。
街灯の間隔が広すぎると暗くて女性でも不安です。
冬になると日が暮れるのが早く、下校時に子供が一人で歩く場合も。

住宅街は夜は思っている以上に暗くなります。
万が一犯罪に巻き込まれないようにしたいものです。

4.実際のルートを歩いてみよう

車で通って見た景色とはまた違いました。
小学校、幼稚園・保育園の通学路、
危険な所はないか歩いてどのくらいなのか。

電車通勤でしたら「駅まで徒歩〇分」なんて信用してはいけません。
バスも併用でしたら時刻表の確認も必須です。

・・・・・・・・・・・・・・

こうして書き出すと、結構色々チェックすることが多いですよね…。

面倒…省きたい…。
わかります、わかります。
私も面倒くさがりなので気持ちはわかります(笑)
ですが家族の安心安全もか関わってきますので、ご夫婦分担しながらチェックしてみてくださいね。

以上、「購入前、物件の周辺環境の確認。聞き込みって、どうするの。」でした。

少しでも参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です