【後編】共働きなら必要でしょ?天気を気にしないサンルームの設置を考えた…けど?

【前編】共働きなら必要でしょ?天気を気にしないサンルームの設置を考えた

2018.01.30

リノベーション(リフォーム)の工事に入った頃に気がついた事

リノベーション工事に入って一週間ほどたったころ。

私はこのブログを立ち上げました。

さーて、なんの記事をかこうかな?うふふ、サンルームかな?なんて。

で、どんな構成にしようかなーって思ったんですよね。

共働きが、家事にかける時間を減らすためにサンルームの設置。

これにより、天気を気にしない、夜でも安心して干せる。

ファミリークローゼットにハンガーのまま収納することで、畳む手間を省く。

こんな風に考えたんです。

でもね?

ん??

ちょっと待てよ??

家事の時短を目指す=サンルームって、違うんじゃない??

そもそも干す手間は変わってないよね??

干す手間を無くした方が時短じゃない??

で す よ ね !?

ばかばか!わたしのばか!

何故気がつかなかったの!

言い訳をするなら、サンルーム提案した時点で、設計士のMさんには言われていました。

建築士 Mさん
「洗濯乾燥機って、使わないって感じですか?」
もろみ
使いません!電気代高いし!(キリッ)

ばかばか!

どう考えても50万円の方が高いだろうが!

なんで乾燥機の電気代は渋って50万円を渋らないのよ!

…いいんですよ?

笑っても…(:_;)

気がついた時点でリノベーション工事進行中!キャンセルできるか?!

設計士のMさんに相談すると、すぐ業者に確認しますとのお返事。
土日を挟んで月曜日に、キャンセルできました、と連絡が!

よよよ、よかった…!

まず選んだのはガス衣類乾燥機

あまり認知されていないガス衣類乾燥機ですが、一般家庭でも導入できます。

コインランドリーにある乾燥機をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

オススメは、その名も、ガス衣類乾燥機乾太くん!なにこのネーミングセンス!嫌いじゃない!

 

メリット
  • ガスなので、乾くのが早い(約60分)
  • 電気よりもランニングコストが低い!
  • ふんわり仕上がる
  • 高温乾燥で殺菌できる!ダニ撲滅!

早いのと、ダニを殺せるのがいいですよね!
お子さんのアトピーが気になる方でしたら、断然ガス衣類乾燥機でしょうね。

  • 設置の際にガス配管の工事が必要
  • 場所を取る
  • 高温のため生地が縮む

うちはリノベーション工事中なので、工事費用はそこまで気にしなかったのですが、設置に数万円から10数万円、費用がかかります。(設置場所や配管の有無、設置業者によって変わるようです)

メリットのあるガス衣類乾燥機ですが、結局断念…
今でも未練がありますが理由があります。

結局、洗濯乾燥機を購入することに

ガス乾燥機を断念した理由、
それは設置場所がないから…。

脱衣所は、もともと1.25坪ありました。

ですが0.75坪のお風呂を1坪に広げた兼ね合いで、隣接する脱衣所が1坪に減ったわけです。

広くないスペースに、ぎっちり洗濯機と洗面台があるわけです。

それから、採光用の窓が洗濯機の上方壁面に付く。

↓こんな感じになるよね!

で。
洗濯機の上にガス乾燥機を置くとなると…

 

なんということでしょう!

窓が、

窓が消えたぁぁ… ( ;∀;)

そして脱衣所用に新しく用意された窓は、既にリノベーション現場にありました。

これってキャンセルさすがにできないよね…。

お金を払った窓が意味がないなんて、そんなの悲しすぎる…!!(:_;)

更に、脱衣所を広げようにも、床下の配管は完了して床は出来上がってました。

洗面台の向かって右横を広げても、使い勝手はよくならない……。

後手後手ですわ…。(白目)

もうね、自分の愚かさを悔やみましたね。

どうして打合せの時に気づかなかったのか!

そしたらもっと動かせたのに!

正直今でも思い出してはへこんでいます。(:_;)

そんななし崩しというか、妥協の連続で、洗濯乾燥機になりました。

それでも購入した洗濯乾燥機は現時点で最新機種なので、なかなか素敵です。

こちらもまたレビューできたらいいな。

・・・・・・・

以上、「【後編】共働きなら必要でしょ?天気を気にしないサンルームの設置を考えた…けど?」でした。

少しでも参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です