読書からシンプルライフとミニマリストについて考える。境界線はどこ?

今更?と言われそうですが、「人生がときめく片づけの魔法」「わたしのウチには、なんにもない。」の二冊を読書しました。

こんまりさんは昔ドラマ化したときに知ったのですが、書籍を読むタイミングが無く。

ようやく読めた!うれしい!

シンプルに、ミニマルに暮らしたいな~と常々思っているので、今リノベーション中の新居に引っ越した暁には、実行していきたい…!

そもそも、シンプルライフって何?ミニマルって何?

私のイメージとしては、

シンプルライフ=すっきりした部屋で暮らす

ミニマリスト=極限に無駄がない暮らし

でも実際のところどうなのかな?と思って、Googleさんに聞いてみたよー!
要約すると…

シンプルライフ=質素・簡素な生活を指す・持たない暮らし

ミニマリスト=最低限度の物だけで生活するライフスタイル 

あれっ、思ってたのとちょっと違った!

シンプルライフって質素な生活だったの??

うーん、シンプルライフを極めたのがミニマリスト…という感じ??

境界線が非常に曖昧…。

さて、じゃあ質素の意味を調べてみたよ!

質素:贅沢でなく、つつましいこと(さま)

出典:weblio辞書

う、ううん…??

世のシンプルライフな方のインスタやブログを見ると、おしゃれで生活を楽しんでいる印象。

贅沢ではないかもしれないけど、決して「質素」な感じはしないなー。

つまり、ジャンルとしてはシンプルライフとミニマルライフはとても近くてちょっと違う。

ミニマリストは、生活スタイルじゃなくて生き方、でしょうか。

とりあえず、そのへんの境界線は自称ってことでいいですかね??(乱暴な…)

私の目指すシンプルな暮らしというのは、どっちにあたるのか…。

なんとなく、極限に物がないわけではないので、シンプルライフ寄りでしょうか。

響きがシャレオツでちょっと照れ臭いですが「家事楽なシンプルライフ」目指します。

簡素とか、地味、の方がしっくりきそうだけどっ(*‘ω‘ *)

まずは断捨離せねば。

「人生がときめく片づけの魔法」「わたしのウチには、なんにもない。」を読んでみて。

そんなシンプルライフ(仮)を目指す私にまず読んでみたこの二冊。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)

 

↑マンガ版が出てた‼ めっちゃ読みたい‼(*‘ω‘ *)

 

↑断捨離のモチベーション上がります。

このどちらも、「捨てる」ことの重要性を軸にしていましたね。

「人生がときめく片づけの魔法」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)

 

片づけ方法・手順が記してあったので、より実用的。
ただし私が読んだのはマンガ版ではなくすべての手順が文章なので、ときめく片づけをするには使い勝手が悪い。
今度マンガ版も読んでみたい。

でも、少し片づけ・断捨離をしたことのある人なら経験したことがあるようなフレーズがバンバン出てきます。

家にいる間じゅう、「何か捨てられるモノはないか」「余計なモノはないか」と、「邪魔者」探しに神経をすり減らし、使っていないモノを見つけようものなら「こんなところにいたのか!」と憎らしさいっぱいにつかんでゴミ袋に放り込む。そんな状態でしたから、部屋にいてもピリピリしていて、まったく気が休まることはありませんでした。

出典:「人生がときめく片づけの魔法」近藤真理恵さん

これ、ちょっと前の私…!ドキッとしてしまいました(;’∀’)

「断捨離だ!」「使っていないものは悪!」「余計なものなど何もいらん!」とばかりに捨てておりました。

有名なこんまりさんのフレーズ「ときめくかどうかで決める

ときめくというと乙女的表現ですが、「今自分に必要か直感したもの」でしょうか。

捨てるものから探すのではなく、必要なものを残す。

自分に必要なものだけで暮らせたら、幸せですよね!

収納の仕方については、ちょっと採用しかねるなーというのが服のたたむ収納ですが。
そもそも畳みたくない丁寧じゃないシンプルライフをしたい私には、この辺は省きたい(笑)

でも書類や説明書、保証書の捨て方・保管方法はとても参考になりました。

確かにうちもオーブンレンジの説明書、なくても使えてるわ…。
ネットで見れるし。

引っ越し前にガンガン捨てていきたいと思います!

現時点で、冬服トップス5枚、夏服トップス2枚しか残ってないですがね…。
あとはスカンツとジーンズ…。

わたし…痩せたら服を買いに行くんだ!

あと、くだびれてるパジャマでも処分しようかしら…。

「わたしのウチには、なんにもない。」ゆるりまいさん

 

ブログも大変有名ですよね。
コミックエッセイという事で、捨てる技術というよりはミニマリストになるまでの経緯とご自身の変化がメインでした。

「捨て変態」と自称され「がらーん」インテリア(?)を愛するゆるりまいさん。

 汚部屋からの脱出、東日本大震災の話はとても大事なことを教えてくれました。

私も先日フォトフレームが落ちた際にガラスが割れて、ゼロ歳児が近寄ってきたので慌てました。
落ちたらインテリアも凶器になりますもんね。
万が一の際にも安心して避難できる家庭を作る。
肝に銘じておきます!

捨てられない位お気に入りのモノに囲まれて暮らそうというゆるりまいさんのように、お気に入りの逸品に出会うまでは大変そう!

そういえば大好きなモノに囲まれた暮らしというのはこんまりさんの考え方と共通ですね。
あんなガラーンとした部屋に住めたら掃除楽そうです。

読書を終えてみて

最近は子育てで忙しく…という言い訳で、滅多に実用書を読むことが減っていました。
でも読むといいですね~、この充実感!
学んだぞ!私もやるぞ!という気持ちでいっぱいです(*‘ω‘ *)
また別の本も読みたいな!今更ですが「断捨離」とか。
というか、断捨離という言葉が先行しすぎて、断捨離って捨てる事という認識でしたが、ちょっと違う気がしました!

勉強してきます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、「読書からシンプルライフとミニマリストについて考える。違いは何?」でした!
少しでも参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です